www.le-guide-touristique.xyz/

筋腫の状態を確かめる超音波検査

超音波検査は、身体に当てて跳ね返ってくるエコーを受けて画像化し、筋腫の状態を確かめる検査となります。この方法には、経腹法と経膣法との2つの方法があります。経腹法は、お腹の上にゼリーを塗り、その上からプローブを当てて観察する方法であり、直径が10mm以上である大きな子宮筋腫を観察するのに適しています。一方の経膣法は細長いプローブを膣から挿入する方法であり、小さめの子宮筋腫の発見や粘膜下筋腫の診断に役立ちます。このほか、経膣法が不可能である場合には直腸にプローブを挿入して検査する方法もあります。よく知らない場合は子宮筋腫 手術へ来てください。

 

超音波検査では、子宮筋腫の位置、大きさ、数などについて情報を得ることが可能ですが、大きさの測定に関しては多少の誤差が出ることが考えられます。子宮筋腫は正常な筋肉との境目が区別しにくいことが多々あるのです。
超音波検査のメリットとして、特に痛みが生じることがなく、X線検査のように被曝することがないことが挙げられます。
よくわからない場合は子宮筋腫 症状診断でサポートします。